*

熱中症予防 食事や飲み物について

◆水分補給のポイント

熱中症対策のために水分補給をする場合、「喉が渇く前に水分補給をする」のがポイントです。
というのも我々が「喉が渇いた」と実感するためには、
体内の水分が不足する→血液が濃くなる→危険を感じた脳が指令を出す→喉が渇くと感じる
という経過をたどるため、喉が渇いたと感じた時には、身体は既に水分不足状態に陥っているのです。
つまり、喉が乾いてから水分補給をしたのでは遅いというわけです。

そこで熱中症を予防するためには、喉が渇いたときはもちろんのこと、喉が渇いていなくても一定時間おきに水分を補給するようにしましょう。

◆適した飲み物

熱中症対策のために水分補給をする際は、「糖分」「カフェイン」が入っていない飲み物がおすすめです。
昔から夏によく飲まれている「麦茶」は、糖分、カフェインともに入っていないため、理にかなった飲み物といえるでしょう。
ちなみに、緑茶や紅茶、ほうじ茶などはカフェインがしっかり含まれていますのであまりおすすめできません。

スポーツドリンクなどは、塩分やミネラルが取れる反面、過剰に糖分が含まれている場合が多いため、量を飲む場合にはおすすめできません。
美味しいからといって大量の汗をかいていない時にもごくごく飲んでしまうと、糖尿病などのリスクを高めてしまう可能性があります。

◆ミネラルを補うことも重要

熱中症予防のためには、ミネラルを補うことも重要です。
人は汗をかくと、水分と同時にミネラルも体外に出してしまいます。
ミネラルは人の体温調整機能を司っている重要な栄養素であるため、これが不足すると体の体温を調節することができなくなり熱中症になってしまうのです。
またミネラルは体内で生成することができないため、飲み物や食べ物によって補給しなければなりません。

そこで汗をかいた後や熱中症予防のために水分補給をする際には、ミネラルが含まれているものを飲むことをおすすめします。

◆規則正しく、栄養バランスのよい食生活

熱中症は、身体の体温調節機能が正常に働かなくなることによって起こります。
そのため熱中症を予防するためには、この体温調節機能を維持する必要があります。

そしてそのために必要なのが、ミネラルやナトリウム、マグネシウムなどの栄養素です。
これらの栄養素は人間が生きていくために必要が栄養素であると同時に、体温調節機能を司っている栄養素でもあります。
ところが偏った食事を摂ったり不規則な生活をしていると、体内でこれらの栄養素が不足してしまったり体力が低下したりして、熱中症になりやすくなってしまいます。

そこで熱中症を予防するためには、規則正しい生活を送るとともにバランスの取れた食生活を心がけましょう。

関連記事

熱中症予防 衣服について

◆服装のポイント 熱中症予防に効果的な服装のポイントは、 ㈰体の熱を下げる機能のあるものをセレク

記事を読む

熱中症予防 日常生活について

◆入浴は低温、短時間にする 熱中症予防のためには、入浴についても注意する必要があります。 一日の

記事を読む

熱中症予防 住環境について

◆カーテンやブラインド、すだれで直射日光を遮る 熱中症は、屋外だけではなく屋内でも発症します。

記事を読む

効率的な水分補給方法

◆タイミング 熱中症予防のために水分補給をする場合、そのタイミングは「喉が渇く前」がおすすめです。

記事を読む

熱中症はどれくらい起こっているのか

先日、総務省消防庁によって、2014年5月26日から6月1日までに熱中

熱中症の種類

ひとくちに熱中症といっても、実は大きく4つの種類に分類することができま

熱中症とは

熱中症とは、高温環境において労働をしたり運動をしたり、あるいは高温環境

熱中症にならないために

熱中症にならないためには、日ごろから様々な予防策を講じておくことが大切

熱中症になってしまったら

どんなに気を付けていても、体調やその日の温度・湿度等によって熱中症にな

→もっと見る

PAGE TOP ↑