*

熱中症予防 住環境について

◆カーテンやブラインド、すだれで直射日光を遮る

熱中症は、屋外だけではなく屋内でも発症します。
現に熱中症によって救急搬送される方の約4割が、屋内で熱中症になっています。
そこで熱中症を予防するためには、住まいの環境も整えておく必要があります。

そしてまずおすすめなのが、カーテンやブラインド、すだれ等を設置して直射日光を遮ることです。
直射日光が入ると、部屋に熱がたまりやすくなります。
また直射日光はクーラーの効きを妨げます。

そこで上記のような対策を行うことによって、室内に直射に校が入るのを防ぐ必要があるのです。

◆エアコンの設定温度は26〜28℃を目安に

「エコ」や「節電」が叫ばれる昨今、エアコンをつけることに関して罪悪感を抱いている方も少なくありません。
しかしエコのために体調を崩したり、命を失ってしまったりしては元も子もありません。
そこで熱中帳を予防するためには、積極的にエアコンを活用しましょう。

ただし、そうはいっても温度設定を低くしすぎるのは禁物です。
室内を冷やしすぎると外気温との温度差に体がついていけなくなり、逆に熱中症になりやすくなってしまうのです。

そこでエアコンをつける際には、26〜28℃に設定するようにしましょう。

◆キッチン、バスルーム、トイレはこまめに換気をする

熱中症対策のため二十閑居を整えるうえで、見落としがちなのがキッチン、バスルーム、トイレの3か所です。
特にキッチンは火を使う場所であるため、温度・湿度ともに上昇しやすく熱中症になりやすい環境にあります。
またバスルームやトイレも空気がこもりやすいため、熱中症になるリスクがあります。

そこでこれらの場所に関しても、しっかりと換気をするとともに必要であればサーキュレーターを使用し、定期的に空気を入れ替えるようにしましょう。

関連記事

効率的な水分補給方法

◆タイミング 熱中症予防のために水分補給をする場合、そのタイミングは「喉が渇く前」がおすすめです。

記事を読む

熱中症予防 食事や飲み物について

◆水分補給のポイント 熱中症対策のために水分補給をする場合、「喉が渇く前に水分補給をする」のがポイ

記事を読む

熱中症予防 日常生活について

◆入浴は低温、短時間にする 熱中症予防のためには、入浴についても注意する必要があります。 一日の

記事を読む

熱中症予防 衣服について

◆服装のポイント 熱中症予防に効果的な服装のポイントは、 ㈰体の熱を下げる機能のあるものをセレク

記事を読む

熱中症はどれくらい起こっているのか

先日、総務省消防庁によって、2014年5月26日から6月1日までに熱中

熱中症の種類

ひとくちに熱中症といっても、実は大きく4つの種類に分類することができま

熱中症とは

熱中症とは、高温環境において労働をしたり運動をしたり、あるいは高温環境

熱中症にならないために

熱中症にならないためには、日ごろから様々な予防策を講じておくことが大切

熱中症になってしまったら

どんなに気を付けていても、体調やその日の温度・湿度等によって熱中症にな

→もっと見る

PAGE TOP ↑